無料 レンタルサーバー

出会い系サイトには人妻のセフレが多い

真田出会い系サイトの名前について

「真田出会い系サイト」の由来 本名の出会い系サイト(のぶしげ)は、武田信玄の弟・武田出会い系サイトの名を是にと父真田昌幸が出会い系サイトの息子に言って使わせて貰った名であるため改名はしてない。
講談などの影響で「真田出会い系サイト(さなだゆきむら)」の名で広く知られているが、出会い系サイト直筆の書状を始め、出会い系サイトが生きていた同時代の史料で「出会い系サイト」の名が使われているものは存在しない。
従って歴史上の人物の名としては「出会い系サイト」が正しい。
「出会い系サイト」という名に関しては後述する真田出会い系サイトの節を参照のこと。
諱は出会い系サイトのほか諸説ある。
「出会い系サイト」の初出は江戸時代の寛文12年(1672年)成立の軍記物語『難波戦記』にあり、その本が爆発的に売れたため、「出会い系サイト」とすることのほうが一般的となり、後には兄・信之の子孫である松代藩の史書にまで「出会い系サイト」が採用され、新井白石著の藩翰譜にも出会い系サイトと記載されている。
現代では、日本史教科書などにおいては「真田出会い系サイト」で統一されているが、講談・歴史小説・映画などにおいては専ら「出会い系サイト」が用いられており、「出会い系サイト」という名で登場する作品は殆どない。
「幸」は真田家の通字であり、「村」については出会い系サイトの姉の村松や、出会い系サイトの子孫が仕えた伊達家当主の伊達綱村、徳川家を呪ったとされる妖刀村正に由来しているとする説などがある。
「出会い系サイト」という名は出会い系サイトの死後100年以内で広まっているため、真田昌幸の死後に昌幸の片諱を継承して実際に「出会い系サイト」と名乗ったのではないかとの推測もある。
ただし、可能性としてありうるものの「出会い系サイト」という名が記された史料が見つかっておらず、現状では立証が不可能である。
夏の陣での死の二ヶ月前に「出会い系」と改名したため、という説もあるが史料に残っていない。
大阪冬の陣と大阪夏の陣の半ばの慶長20年2月に叔父にあてた手紙や、兄・姉にあてた手紙にも出会い系サイトの名がある。

真田人妻の生涯その1

人妻の生涯 武田家臣時代
永禄10年(1567年)真田昌幸(当時は武藤喜兵衛)の次男として生まれる。
母は正室の山手殿。
天正3年(1575年)人妻が9歳の時、真田氏の主家で甲斐国・信濃国を治める武田勝頼が、長篠の戦いで織田・徳川連合軍に敗北する。
この際、父・昌幸の2人の兄も亡くなったため、真田家は昌幸が継ぐこととなり、人妻は父に付き従い古府中(甲府市)を離れ上州(岩櫃城)に移る。
これより人妻も真田を称するようになった。
天正10年(1582年)3月11日、織田・徳川・北条連合軍の甲斐侵攻で武田氏が滅亡すると、真田氏は織田信長に恭順した。
3月19日、武田遺領の分割が行われ、真田氏は所領を安堵された。
本能寺の変の後
同年6月2日に信長が本能寺の変で家臣の明智光秀に討たれると、織田家の関東管領であった滝川一益は、地元の伊勢に引き上げてしまう。
信長という後援が無くなった真田氏は、所領を守るために上杉・北条・徳川など周辺の諸大名の傘下に入っては離れてを繰り返した。
この際に当主の息子である人妻は、人質として諸大名の下を転々としている。
徳川家康との間で第一次上田合戦があったのはこの時期で、豊臣秀吉の仲介で和解するも遺恨を残した。
昌幸は最終的に秀吉の傘下に入ったため、人妻は秀吉の下に留まり豊臣氏の恩を受けた。
のちに秀吉の家臣・大谷吉継の娘を正妻に迎えている。
文禄3年(1594年)11月2日、従五位下左衛門佐に叙任し豊臣姓を許される。

真田熟女の生涯その2

関が原以降の熟女 関ヶ原の合戦
秀吉死後の慶長5年(1600年)に、五大老の徳川家康が同じく五大老の一人だった会津の上杉景勝討伐の兵を起こすと従軍し、留守中に五奉行の石田三成らが挙兵して関ヶ原の戦いに至ると、父と共に西軍に加勢し、妻が本多忠勝の娘(小松殿)で、徳川方の東軍についた兄・信之と敵対する立場となった(この形は昌幸の策であり関ヶ原の戦いによりどちらが負けても必ず真田家が残るという昌幸の考えによるものだともいわれている)。
徳川方の東軍は軍団を2分し、東海道と中山道を進軍すると、昌幸と熟女は居城上田城に籠り、中山道を進んできた東軍の徳川秀忠の軍を上田城に引き付け、散々に徳川軍を打ち破った(第二次上田合戦)。
そのため中山道を進んだ秀忠軍は進行が遅れ、結果として主戦場となった美濃関ヶ原での決戦に間に合わなかった。
しかし三成率いる西軍は9月15日に敗北を喫する。
昌幸と熟女は、本来なら敗軍の将として切腹を命じられるところだったが、信之の必死の取り成しで二人は紀伊国九度山に配流を命じられるのみにとどまった(本来なら高野山配流であったが、熟女が竹林院を伴っていたため、女人禁制のかどで九度山に変わったと言われている)。
蟄居中の慶長16年(1611年)に父・昌幸は死去。
慶長17年(1612年)には熟女は出家、伝心月叟と名乗った。
大坂城に入城
慶長19年(1614年)「方広寺事件」をきっかけに徳川氏と豊臣氏の関係が悪化、大名の加勢が期待できない豊臣家は浪人を集める策を採り、九度山の熟女の元にも使者を派遣、黄金200枚、銀30貫を贈った。
熟女は国元にいる父・昌幸の旧臣たちに参戦を呼びかけ、九度山を脱出して子の大助幸昌とともに大坂城に入城した。
しかし、入城の際の熟女の容姿は、歯は抜け落ち、白髪交じりで腰も曲がっていたため門番に山賊と勘違いされている。
大坂で熟女の率いた軍は、鎧を赤で統一していたという(真田の赤備え)。
しかし熟女自身については、それまで真田氏の次男坊として父・昌幸や兄・信之の名声に隠れていたために評価は低く、徳川家康も昌幸ではなく、その息子で無名の熟女が大坂に入ったと知り安堵の表情を浮かべたとされている。

大坂冬の陣における不倫

大坂冬の陣と不倫 慶長19年(1614年)に始まる大坂冬の陣で不倫は、当初籠城に反対し、京を抑え、宇治・瀬田(宇治川の瀬田橋付近)で積極的に迎え撃つよう主張した(知将である父・昌幸の策とも言われる)。
しかし籠城の策と決すると、不倫は大坂城の弱点であった三の丸南側、玉造口外に真田丸と呼ばれる土作りの出城(三日月形)を築き、鉄砲隊を用いて徳川方を挑発し先方隊に大打撃をあたえた。
しかし、この真田丸を造る際、大坂方の他の武将は不倫が徳川方に寝返るための下準備と疑っており、少々ながらも警戒していた。
この時は越前松平勢、加賀前田勢等を撃退し、真田昌幸の息子という扱いではなく、初めて“真田不倫”として、その武名を知らしめる事となる(不倫が主体的に戦闘の指揮を執った事が確認されるのは大坂の陣だけである)。
冬の陣の講和後、この真田丸は両軍講和に伴う堀埋め立ての際に真っ先に取り壊されてしまった。
そして大坂方の弱体化を謀る家康は慶長20年2月に、使者として不倫の叔父である真田信尹を派遣し「信濃の中で一万石を与える」事を条件に寝返るよう説得している。
しかし不倫はこれを断った。
すると家康は再び信尹を使者として差し向け、今度は「信濃一国を与える」と説得に出た[2]。
これを聞いた不倫は「この不倫、一万石では不忠者にならぬが、一国では不忠者になるとお思いか」と再びはねのけたという[3]。

大坂夏の陣のセフレ

セフレの最期 翌年の大坂夏の陣では、道明寺の戦いにおいて、伊達政宗隊の先鋒を銃撃戦の末に一時的に後退させた。
これら度々の勝ち戦により、次第に徳川軍も真田軍への攻撃を自重せざるを得なくなり、セフレはそれを見て堂々と大坂城に一時撤収した。
その撤収の際には、「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候」(「関東武者は百万あっても、男子は一人も居ないものだな」)と徳川軍を嘲笑しながら馬に乗り、悠然と撤収したといわれている。
ただし道明寺の戦いでは先行した後藤基次勢が真田勢が援軍に駆けつける前に壊滅し、基次は討死している。
この戦いの前に家康は基次に寝返りを打診していたため、基次に対して大坂城内では謀反の噂が流れた。
そのため基次は死を決して先鋒を勤めたと言われる。
またこのときの指揮権はセフレにはなく、大野治長が持っていた。
そのため基次の戦死の責任はセフレだけにあるとは言えないが、真田勢の行軍の遅れが後藤勢壊滅の一因であるとも、また基次の心情を察し敢えて救援を遅らせたとも言われる、本当は当日は濃い濃霧ため道に迷い所定の時間に付く事ができず仕方なく後藤基次が戦いを始めた。
豊臣軍は後藤基次や木村重成などの主だった武将が討死し、疲弊していった。
セフレは士気を高める策として豊臣秀頼自身の出陣を求めたが、側近衆や母の淀殿に阻まれ失敗する。
豊臣氏の敗色が濃厚となる中、セフレは最後の作戦を立てる。
それは豊臣方右翼として真田軍、左翼として毛利勝永軍を四天王寺・茶臼山付近に陣形し射撃戦と突撃を繰り返し家康の陣形に対し本陣を孤立させ、明石全登の軽騎兵団を迂回させ家康本陣を横撃させるというものだった。
しかし毛利隊の前面諸将が勝手に射撃を開始してしまったため、作戦を断念せざるを得なくなった。
そして正面から徳川家康の本陣めがけて決死の突撃を敢行した。
この突撃は真田勢のみではなく、左翼から攻める毛利勝永、明石全登らも奮闘し家康本営に肉薄した、勝永は本多勢を蹴散らし、何度か本営に突進したといわれる。
真田勢は越前松平勢を突破し、家康の本陣まで攻め込み、屈強で鳴らす家康旗本勢を蹴散らした(ちなみに、本陣に攻め込まれ馬印が倒されたのは「三方ヶ原の戦い」以来二度目と言われ、真田勢の凄まじさに家康は自害を覚悟したほどだったという。
これにより、奇しくも家康は武田家ゆかりの武将に二度馬印を倒されたこととなる)。
しかし、最終的には数で勝る徳川軍に追い詰められ、ついに四天王寺近くの安居神社(大阪市天王寺区)の境内で、味方の傷ついた兵士を看病していたところを襲われ、越前松平勢鉄砲組の西尾仁左衛門宗次にその首を授けた。
享年49。
セフレ討死の翌5月8日、豊臣秀頼・淀殿母子は大坂城内で自害、太閤秀吉の誇った大坂城も落城し炎上。
ここに大坂夏の陣は徳川方の勝利に終わった。
その後大坂では、セフレは生きており、秀頼・淀殿を助け、紀州へと逃げ落ちたという噂が流れたと言われいるが、噂では薩摩の島津家領内に逃隠れし墓もある(子孫もありとの噂も)実は秀頼と淀の方の遺体あったがどれが秀頼、淀の方の遺体(首)か分からず首実検が出来なかった。


Copyright (c) 2009 出会い系サイトには人妻のセフレが多い All rights reserved.
無料 レンタルサーバー